伝統工芸品

Traditional crafts in Taito city

がらすぺん

ガラスペン

ガラスペンの歴史は新しく、明治35(1902)年に風鈴職人である佐々木定次郎氏により開発されました。毛細管現象によりペン先の溝にインクが吸い上がります。書き味は滑(なめ)らかで、1度インクをつけるとはがき1枚分は書くことができます。
日本発のガラスペンはイタリア、ドイツ、フランスはじめ、あっという間に世界中に広まっていったといいます。

佐々木定次郎氏のもとで修業した夫妻が明治45年(大正元年=1912)年に台東区で創業した工房は、現在では開発者の技術を継承する唯一の工房となっています。
ガラスのペン先を用いたペン(軸は竹、木、セルロイドやラクト製)はかつて一般的な文房具として普及していましたが、その後ボールペンに取って代わられ需要は低下、一時は衰退してしまいました。
しかし、2代目である佐瀬勇氏が、平成元(1989)年にペン先だけでなく軸とペン先が一体型でペン全体がガラスからなる製品を開発したことで、その機能性だけでなく見た目の美しさから高い評価を受け再び人気の工芸品となりました。

ペン全体がガラス製の一体型ガラスペンは、8本の溝の入ったガラス棒をバーナーで熱して左右にひねることで、独特のねじり模様がついています。                              
ガラスペンは1本1本すべて手作業で丁寧に作成されます。ガラスペンの溝は試行錯誤の結果、最初2本だったものが徐々に本数を増やし、現在の8本となったといいます(外国製品には10本の溝のものなどさまざまあります)。8本の溝があるガラス棒を均等に左右にひねり、ねじり模様をつけていく際には、左右の手を同じ速さで回し続ける技術が必要です。すべてがオリジナルのデザインとして考案・製作されるガラスペンは、国内のみならず海外からも高い評価を受けています。

BACK