伝統工芸品

Traditional crafts in Taito city

とうきょううちはもの

東京打刃物

「日本書紀」によると、日本で鍛冶が行われるようになったのは、敏達天皇の時代(583年)に新羅から鍛冶工が招かれ、鋼の鍛冶法を習ったのが始まりとされている。
その後武士階級が台頭するにつれて刀剣職人が現れ技術も磨かれ、やがて日本独特の技法が生まれた。それは、軟らかい鉄でつくった刃の部分に鋼を付けるという着鋼法であり、ソフトでしかも切れ味の鋭い刃物が出来上がる。
江戸時代も中期に入り太平の世が続くと、刀鍛冶職人の中には、刀鍛冶技術を生かした日常生活に必要な刃物の製作に専念する者も出てきた。さらに明治4年(1872年)の廃刀令や文明開化の影響で、ほとんどの職人は業務用・家庭用刃物をつくるようになり、現在に至っている。

BACK