ご挨拶

Traditional to be inherited

台東区と伝統工芸~なぜ台東区で伝統工芸産業が盛んなのか?~

台東区には、江戸そして東京の人々に生活財を供給する伝統工芸産業が集積し、確かな技術による温もりのある伝統工芸品を作り出す職人が数多く活躍しています。
では、なぜ台東区には伝統工芸職人が多いのでしょうか。
江戸時代、江戸の町は経済の中心であり、日本においての一大消費地でした。
その江戸の町は、身分や職業によって住む場所が決められていました。江戸城の外側に武士や大名の住む「山の手」、さらにそれを取り囲むように町人が住む「下町」があり、ここ台東区も町人の集まる町でした。また、浅草には芝居小屋や吉原があったため、江戸の一大盛り場としても栄えました。
そのため、歌舞伎用道具や町人生活に密着した品々の需要が高い場所となっていました。
また、地理的な面から考えると、忘れてはならないのが隅田川の水運利用です。隅田川があることで材料などが運びやすく、職人たちにとって台東区は好立地であったといえます。
これらの理由により、現在の台東区には職人が多く集まったといわれています。
そしてそれが、匠の技と心意気によって、磨かれ、洗練され、庶民に愛されて連綿と受け継がれることで、今もなお、台東区は日本有数の伝統工芸産業の集積地となっているのです。
台東区は、江戸・東京という都市のもと、台東区で育まれてきた匠の技による伝統工芸の普及・発展を図り、台東区の伝統工芸産業の振興と新たな市場・販路の開拓や後継者育成に努力していきます。