伝統工芸品

Traditional crafts in Taito city

えどもくちょうこく

江戸木彫刻

木彫刻の歴史は古く、遠く飛鳥時代にまで遡る。平安時代には仏教の影響で多くの仏像が彫られ、中世以降になると社寺に施す建築彫刻が急速に発達した。そして現代に近づくにつれ、調度品や身の回りの品にも様々な装飾彫刻が施されるようになった。
神社仏閣の多い台東区では、神仏彫刻をはじめ幾多の木彫技術が受け継がれており、精緻にして躍動的で立体感あふれる彫刻物がつくられている。

BACK