伝統工芸品

Traditional crafts in Taito city

とうきょうしゃみせん

東京三味線

日本の三味線の祖は、中国の三絃(さんげん)にある。三絃は中国の元の時代に起こり、14世紀末に琉球に伝えられた。琉球では蛇の皮を用いたので蛇皮線(じゃひせん)と呼ばれた。日本に初めて三絃が琉球から伝えられたのは、室町時代末期永禄年間(1558~1570年頃)のことで、堺の港に初めて入ってきたと考えられている。当時琵琶(びわ)法師(ほうし)が、蛇の皮より頑丈な素材を求め様々な動物の皮を試し、猫の皮を用いることを考えた。琵琶の撥(ばち)で演奏するというのは日本独特のものである。

BACK