伝統工芸品

Traditional crafts in Taito city

えどひょうぐ

江戸表具

日本においての表具・表装の技術は、仏教の伝来とともに中国から伝わり、経巻(きょうかん)を装丁したのが始まりとされる。その後礼拝用の仏画像の装飾として始められたのが、巻物、掛軸の原型であり、間仕切用の屏風(びょうぶ)などは防寒用に工夫されて、後に襖(ふすま)になったといわれる。
江戸表具の中でも掛軸は、全体に丈は短め、色調は単彩、淡泊なところが他の産地とは趣が異なっている。

BACK