伝統工芸品

Traditional crafts in Taito city

とうきょうちょうきん

東京彫金

金属工芸の中でも、彫金の技術は長い歴史を持ち、古墳時代後期を起源としている。初期には冠帽(かんぼう)、指輪、かんざしなどの装身具、馬具類に精巧な技術が示された。
江戸元禄期には自由な発想と新鮮なデザインが現れ、煙管(きせる)や根付(ねつけ)などの生活用品の中に広がりを見せた。
彫金が施されるのは大別して器物、置物、装身具、神仏具等で、製品に格調と重みを加え、素材本来の持ち味を引き立たせることができる。この技術は絶えることなく伝承され今に至っている。

BACK