伝統工芸品

Traditional crafts in Taito city

とうきょうくみひも

東京くみひも

くみひもの歴史は古く、奈良時代に中国から技法が伝わった後、急速に発展し、江戸時代には武士の生業であったといわれている。
その用途も時代によって様々に変ってきている。江戸時代までは甲冑を飾る組紐など、武具の需用の中でどちらかといえば男性の持ち物として多く使われた。一方、明治時代になってからは、帯締めなどの女性物が多くなっていった。そして今では、帯締めやネクタイから携帯ストラップに至るまで、幅広く愛用されている。
これら手づくりによる東京くみひもは、機械生産では絶対に出すことのできない糸の織りなす美しさを持ち、締めていても自然にゆるむことがなく適当な弾力があり、使えば使うほど手組みのよさを感じることができる。

BACK