伝統工芸品

Traditional crafts in Taito city

えどしっき

江戸漆器

江戸漆器は、1590年頃江戸に入城した徳川家康が、京都の漆工を招いたのが始まりとされている。五代将軍綱吉の時代には、塗りや蒔絵の技術が進歩し完成され、八代将軍吉宗の享保以降は、庶民の間に日常漆器として普及していった。
今日では、茶道具や座卓をはじめ多様な製品が生産されており、特に、そば道具やうなぎ重箱などの業務用食器の生産は東京の特色である。

BACK