伝統工芸品

Traditional crafts in Taito city

とうきょうてうえぶらし

東京手植ブラシ

日本でのブラシの始まりは19世紀の中頃で、フランス製のブラシを手本に作られた。洋服ブラシや馬を洗うブラシなど、生活様式の欧米化とともに需要が高まっていった。また、幕府や名藩が様式の軍政を導入したことも隆盛の一因であった。
機械植えでは一穴ごとに植毛されているのに比べ、手植ブラシは引き線と呼ばれるステンレス線によって連続して植毛されており、耐久性が非常に高い

BACK