伝統工芸品

Traditional crafts in Taito city

えどきりこ

江戸切子

切子とは、ガラスの表面に砥石や金盤を用いて、いろいろな模様を施す技法、つまりカットグラスのことである。
江戸切子は天保5年(1834年)、大伝馬町でビードロ屋を営んでいた加賀屋久兵衛によって創始された。また現代につながる精巧なカット技法は、明治15年、官営の品川硝子製作所で英人技師エマヌエル・ホープトマンの指導によって始まった。
図柄には菊、麻の葉などの植物を図案化したものや、籠目、矢来といった江戸の生活用品などに題材をとった模様が多く用いられている。
また、江戸切子と薩摩切子の違いは以下の通り。

江戸切子―素材は、透明なガラスと、色を薄く被せたものとがある。カットは深く鮮明で正確であり、仕上がりがはっきりとして華やか。
薩摩切子―色を厚く被せた素材で、切子が半透明な淡い色合いの仕上がりとなる。

BACK