伝統工芸品

Traditional crafts in Taito city

えどべっこう

江戸鼈甲

鼈甲は、「タイマイ」という種類の亀の甲羅(こうら)を材料につくられている。数多い亀の仲間の中でも、装身具や置物など工芸品の材料として利用できるのはタイマイのみである。
鼈甲の歴史は古く、正倉院の宝物の中の琵琶(びわ)にもタイマイが使われている。江戸鼈甲がつくられ始めたのは江戸幕府開府の頃からとみられているが、当時は甲羅をそのまま使うなど細工も簡単であった。江戸時代元禄期に、張り合わせの技法が江戸に伝えられるに及んで、複雑な造形ができるようになり、町人文化の台頭とともに豪華な櫛(くし)、笄(こうがい)、かんざしなどがつくられるようになった。
今日、東京は長崎・大阪とともに三大産地を形成し、生産額では過半数を占めるまでになっている。蒔絵(まきえ)や彫刻などを施したもの、新しいデザイン感覚を備えたもの、眼鏡枠などが東京製品の特徴である。

BACK